その他の病気・予防接種

風邪かぜ・インフルエンザ

病気・症状の概要

風邪とは、ウイルス感染によって上気道(鼻、咽頭、喉頭)に起こる急性炎症です。くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、のどの痛み、せき、たん、声がれなどの上気道の症状を引き起こすほか、発熱、頭痛、関節痛、さらに下痢、腹痛などの消化器症状を伴うこともあります。

一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスにより引き起こされる急性のウイルス性疾患で、上気道の急性炎症のほか、急激な高熱や悪寒(おかん)、強い倦怠感、筋肉痛などの症状が3~4日継続するのが特徴です。インフルエンザは感染力が高く、また肺炎や脳症を発症するリスクもあることから通常の風邪とは区別して治療されます。

検査・治療方法

問診と触診、上気道の視診により炎症の程度を確認します。また、インフルエンザが疑われる場合には、鼻から長細い綿棒を入れて検体を採取し、迅速キットを用いてインフルエンザウイルスの有無を検査します。結果は10〜15分ほどで判明します。風邪・インフルエンザの治療は、抗ウイルス薬や解熱鎮痛剤、去痰剤などの服用といった薬物療法が中心です。

顔面神経麻痺がんめんしんけいまひ末梢性まっしょうせい

病気・症状の概要

ある日突然に目が閉じられない、水を飲むと口からこぼれるなど顔面が上手く動かせなくなる病気を顔面神経麻痺と言います。また、顔の表情に関する症状のほか、音が響く、涙が出にくい、耳が痛い、聞こえが悪くなる、めまいがするといった症状を伴うこともあります。顔面神経麻痺を引き起こす原因は様々ですが、ヘルペスウイルスや帯状疱疹ウイルスの再活性化が原因であることが多く見られます。

検査・治療方法

顔面神経麻痺の診断では、聴力検査、耳小骨筋反射検査を行い、顔面神経の分布領域のどこで障害が起きているかを評価します。顔面神経麻痺の治療は、ステロイド剤や抗ウイルス薬、ビタミン剤により神経損傷の原因となっているウイルスの活動を抑え、浮腫による神経圧迫を除く薬物療法が主体です。発症から1週間程度は進行することがほとんどで、改善には時間を要することが多いです。もし末梢性ではなく脳が原因である中枢性を疑う所見があれば、頭のMRI検査や脳外科にご紹介を検討します。また、重症で麻痺が強く残ってしまう場合には手術を検討するほか、後遺症を予防するためのリハビリテーションを行います。

補聴器相談

当クリニックでは、加齢により「聞こえ」にお悩みの方を対象に、補聴器に関する相談を受け付けております。

対象になる方

加齢に伴い、以下のような「聞こえ」に関するお悩みをお持ちの方

  • 最近聞こえが悪くなった
  • 呼ばれても気づかないことがある
  • 子供や孫に、テレビの音量が大きすぎると言われる
  • 現在使っている補聴器がうるさく感じる、聞き取りづらい

補聴器相談の流れ

<当クリニックの受診>
  1. 1.問診:現在の聞こえに関するお悩みをお聞きします。
  2. 2.視診:耳を見させていただき、聞こえに影響する病気がないか診察します。
  3. 3.検査:聴力検査(純音聴力検査、語音聴力検査)を行います。
  4. 4.診断:診察や聴力検査の結果をもとに、補聴器の適応の有無を判断します。
<受診後>
  1. 5.補聴器の購入:当クリニックより、医療費控除を受けるための「補聴器適合に関する診療情報提供書」を発行いたしますので、補聴器販売店にご提出ください。

補聴器の公的助成について

<補聴器購入の際の補助金付与>

聴力が高度難聴レベルで、身体障害者認定を受けた場合には、障害者総合支援法により補聴器購入時に補助が受けられます。身体障害者の認定手続き等詳細は、お住まいの自治体の福祉課にお問い合わせください。

<補聴器購入の際の医療費控除>

平成30年度(2018年度)より、補聴器購入前に補聴器相談医を受診し、「補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)」の発行を受けた上で補聴器を購入することにより、当該補聴器の購入費用について医療費控除対象として確定申告ができることになりました。詳細は補聴外来の認定補聴器技能者、またはお近くの補聴器販売店にお問い合わせください。

耳鼻咽喉科・頭頸部外科手術後の経過観察

当クリニックでは、病診連携により、他の医療機関において以下の疾患の手術を受けられた方を対象に術後の経過観察を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

主な対象疾患

<一般耳鼻咽喉科領域>
  • 慢性副鼻腔炎・好酸球性副鼻腔炎
  • 鼻中隔湾曲症・肥厚性鼻炎
  • 慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎
  • 声帯ポリープ・声帯結節
<頭頸部領域>
  • 頸部腫瘍(咽頭・喉頭・顎下腺・耳下腺・甲状腺などの腫瘍)
  • 口腔腫瘍(舌などの腫瘍)

お持ちいただく資料

  • 手術を受けられた医療機関が発行する診断書または診療情報提供書(紹介状)
  • 服用している薬剤が分かる資料(おくすり手帳など)
  • その他これまでの治療内容が分かる資料(検査結果・画像データなど)

インフルエンザ予防接種

当クリニックでは、インフルエンザの予防接種を行っております。予防接種をお受けいただくにあたっては、直接ご来院いただくほか、感染症対策として、インターネットでの「時間帯予約」も受け付けておりますのでご活用ください。

対象者・予防接種費用

対象者 予防接種費用
3歳以上13歳未満(2回接種)
※1~2歳でも過去に接種経験があれば接種可能
1回 3,300円(税込)
13歳以上(1回接種)で
当院に来院歴のある方(診察券をお持ちの方)
3,300円(税込)
13歳以上(1回接種)で
初めてご来院される方
3,800円(税込)
  • ※当院では0歳児のお子様への接種は行っておりません。
  • ※2歳以下で、過去にインフルエンザワクチンの接種歴がないお子様への接種は行っておりませんので、かかりつけの小児科医へご相談ください。ただし、過去に接種歴がある場合は接種可能です。

接種方法・予約方法

感染症対策のため、事前にご予約いただくことをお勧めしております。

<インターネット予約>

EPARKサイトにてご予約いただけます。ご予約は下記リンクをクリックしてお進みください。

WEB診療予約

  • ※時間通りの診察を心がけますが、診察状況により開始時間が遅れる場合がございますので予めご了承ください。
<直接ご来院>

ご予約がなくても受付時間内に直接ご来院いただければ、順番制にて予防接種をお受けいただけます。また、ご希望の日時に予約可能枠がない場合も同様です。 予防接種受付時間:平日午前 12:30まで / 平日午後 18:00まで / 土曜日 12:00まで

待ち状況確認

接種当日のお持いただく物

  • インフルエンザ予防接種予診票※(ダウンロードはこちら
  • 当院診察券(当院に来院歴のある方)
  • 健康保険証・医療証
  • ※インフルエンザ予防接種予診票について、高校生以下は必ず保護者の方が自筆署名が必要です。

初めての患者様へ

すがも駅前耳鼻咽喉科クリニックでは、患者様と同じ目線に立った温かい医療を行い、
地域の患者様に、安全で負担の少ない医療サービスの提供を目指します。
耳・鼻・のどの耳鼻咽喉科疾患や、眩暈(めまい)の症状でお困りの方は、一度当クリニックまでご相談ください。
スタッフ共々一丸となって"こころの通う"診療で対応いたします。

お問い合わせはこちら

03-3947-1050

時間
午前9:00 -
13:00
× ×
午後15:00 -
18:30
× × ×

※ 土曜日は9:00~12:30まで診療。休診日は木曜・日曜日と祝日です。

すがも駅前耳鼻咽喉科クリニック 耳鼻咽喉科・アレルギー科

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-14-5

第一松岡ビル4階

JR山手線「巣鴨駅」南口から徒歩2分

Tel:03-3947-1050 Fax:03-3947-1051

アクセス