鼻の病気

アレルギー性鼻炎

病気・症状の概要

アレルギー性鼻炎とは、鼻から入った異物(抗原、アレルゲン)に対するアレルギー反応によってくしゃみ、鼻水、鼻づまりを病的に引き起こす病気です。この抗原になりやすい物質は、ハウスダストやダニ、スギ・ヒノキなどの花粉、犬・猫などのペット、カビなどがあり、特に花粉によるアレルギー性鼻炎は花粉症として広く知られています。

検査・治療方法

アレルギー性鼻炎・花粉症では、血液検査により抗原ごとの抗体の量を測って原因物質を特定します。
そして、治療は原因物質を排除することが原則ですが、実際には困難なことも多く、症状をコントロールするために抗アレルギー薬、ステロイド鼻噴霧薬などの薬物療法を行います。各種薬物療法で改善がみられない重症の場合や、何らかの理由で薬物療法の継続が困難な場合には、鼻の粘膜をレーザーで焼灼(しょうしゃく)するレーザー手術などの手術的治療や、抗原のエキスを少量ずつ体内に取り入れてアレルギー反応を起こしにくくするアレルゲン免疫療法(減感作療法)を検討します。
なお、このアレルゲン免疫療法では、注射の代わりに口腔粘膜から抗原を吸収させる舌下(ぜっか)免疫療法というより体に負担の少ない治療法が開発されています。舌下免疫療法ついてはこちら→

副鼻腔炎ふくびくうえん

病気・症状の概要

鼻(鼻腔)の周りには「副鼻腔(ふくびくう)」と呼ばれる4つの空間(上顎洞・篩骨洞・前頭洞・蝶形骨洞)があります。そして、この副鼻腔に細菌が入り込み、炎症を起こす病気を副鼻腔炎と言います。風邪などが原因で発症する急性副鼻腔炎では、鼻づまりやドロっとした匂いのする鼻汁、頬・鼻周囲・額の痛み、顔やまぶたの腫れ、発熱などが主な症状です。

検査・治療方法

副鼻腔炎が疑われる場合は、鼻内視鏡で鼻腔内を観察するほか、レントゲン・CT検査を行います。そして、薬物療法では抗菌薬や去痰薬を用いるほか、鼻腔や副鼻腔に薬剤を直接投与することを目的に吸入療法を行ったり、鼻腔粘膜を薬剤で収縮させて鼻腔内を清掃したります。また成人で、ポリープや腫れた粘膜により鼻腔と副鼻腔の間の交通路が閉塞している場合や薬物療法により改善しない場合には、内視鏡を使用して、ポリープや副鼻腔の腫れた粘膜と隔壁を除去し、副鼻腔と鼻腔を一つの空間として換気を良くして粘膜の状態を改善する手術を行います。

鼻茸はなたけ(鼻腔ポリープ)

病気・症状の概要

鼻茸(鼻腔ポリープ)とは、鼻の粘膜に炎症性のポリープが出来る病気です。鼻茸が出来ると、くしゃみや鼻づまり、鼻水がのどに回る(後鼻漏)、嗅覚の減退・消失、顔面の痛み、鼻からの過剰な分泌物が出るなどの症状が現れることもありますが、鼻茸に気づかない人も多くいます。また、鼻茸は、鼻・副鼻腔の感染症に伴って生じることがあり、感染が治まれば消失する場合と、徐々にできていき消えない場合があります。

検査・治療方法

鼻茸(鼻腔ポリープ)の検査は、鼻内視鏡で鼻腔内を観察するほか、レントゲン・CT検査を行います。鼻茸の治療はステロイドの点鼻薬やステロイド薬を服用しますが、鼻茸によって気道がふさがれていたり、副鼻腔に感染が頻発したりする場合は、手術による切除を検討します。

鼻前庭湿疹びぜんていしっしん

病気・症状の概要

鼻前庭湿疹とは、鼻前庭(鼻の鼻毛が生えている部分)にできる湿疹で、鼻の入口が荒れて、かさぶたができることにより、かゆみや刺激といった症状が現れます。慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の患者さんが併発することが多く、これらの病気では絶えず分泌物や鼻汁が出るため、鼻をかみすぎたり、いつもいじったりすることが原因となります。

検査・治療方法

鼻前庭湿疹かどうかは、視診を行って診断します。発症している部位が小さい場合は、患部に触れないようにします。部位が大きい場合や、かゆみや刺激が酷い場合にはステロイドを含んだ軟膏を塗布します。

鼻出血びしゅっけつ

病気・症状の概要

鼻腔内の粘膜が傷つくことで出血が起こることを、鼻出血と言います。鼻出血の多くは、鼻の入り口から1~2cmの血管が集中している箇所からの出血で、アレルギー性鼻炎や花粉症などで鼻の粘膜が荒れてかゆくなった際に鼻をいじって粘膜を傷つけてしまうことが原因です。また、高血圧や動脈硬化、肝臓病、血液疾患がある場合や、ワーファリン・アスピリンなど血液をサラサラにする薬を飲んでいる場合には出血しやすかったり、止血しづらかったりすることがあります。

検査・治療方法

ほとんどの鼻出血は圧迫止血法で止めることができます。そこで、鼻出血がある場合は、落ち着いて座り、少し前かがみになって両側の小鼻を強くつまみ、15~20分離さずに押え続けてください。この方法で止血できない場合や繰り返す場合は当院を受診してください。当院では鼻内視鏡を使って出血部位を確認します。軽度の出血の場合は止血剤の内服や軟膏を鼻の中に塗布します。出血が止まらない場合や繰り返す場合には、レーザーや電気メスを用いて出血部位を焼灼(しょうしゃく)して止血を行います。

嗅覚障害きゅうかくしょうがい

病気・症状の概要

においが分からない・分かりづらくなったり、においを過剰に感じたり、本来のにおいと違う悪臭を感じるなどの嗅覚に異常を来たす状態を、嗅覚障害と言います。におい成分は鼻から吸い込まれた後、嗅粘膜内の嗅細胞、嗅神経に到達し、電気信号に変わり大脳前頭葉へと伝達され、「におい」として認識されます。嗅覚障害はこの「においの伝達経路」のどこかに障害が生じる病気です。
嗅覚障害は、その障害部位により「呼吸性」、「嗅粘膜性」、「嗅神経性」、「中枢性」に分類されます。

  • 気導性嗅覚障害の主な原因:ポリープを伴う慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、鼻中隔彎曲症など
  • 嗅神経性嗅覚障害の主な原因:感冒やインフルエンザなど
  • 中枢性嗅覚障害の主な原因:頭部外傷、脳腫瘍、脳梗塞など

検査・治療方法

感冒や副鼻腔炎、外傷の有無、既往歴、内服薬などを問診で確認します。また、鼻内視鏡で鼻腔内を観察し、ポリープなど物理的障害物の有無をみます。そして、静脈性嗅覚検査で嗅覚評価をします。副鼻腔炎、脳腫瘍、脳梗塞などの鑑別するためCTやMRI検査を行うこともあります。
慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎、鼻中隔彎曲症など気導性嗅覚障害では、各疾患の治療(薬物療法・手術療法)を行います。一方、感冒後などの嗅神経が障害されている場合には、ステロイドの点鼻や内服、ビタミン製剤、漢方薬などを使用します。

初めての患者様へ

すがも駅前耳鼻咽喉科クリニックでは、患者様と同じ目線に立った温かい医療を行い、
地域の患者様に、安全で負担の少ない医療サービスの提供を目指します。
耳・鼻・のどの耳鼻咽喉科疾患や、眩暈(めまい)の症状でお困りの方は、一度当クリニックまでご相談ください。
スタッフ共々一丸となって"こころの通う"診療で対応いたします。

お問い合わせはこちら

03-3947-1050

時間
午前9:00 -
13:00
× ×
午後15:00 -
18:30
× × ×

※ 土曜日は9:00~12:30まで診療。休診日は木曜・日曜日と祝日です。

すがも駅前耳鼻咽喉科クリニック 耳鼻咽喉科・アレルギー科

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-14-5

第一松岡ビル4階

JR山手線「巣鴨駅」南口から徒歩2分

Tel:03-3947-1050 Fax:03-3947-1051

アクセス